« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

照子ママ・・・・またね!

Conv0012 11月半ばから毎日白鳥ホームに行っていた。日に日にエンディングが近づいていたから。

点滴もしないで、口からとろみのついた飲み物、アイスクリーム、亡くなる一週間前には 久しぶりにお寿司が食べたいと言い、看護主任も食べさせましょうと言ってくれて買いに行き、一貫を三等分にして母の口に入れてくれた。

照子さんは『美味しい』と嬉しそうだった。リビングに出たいとか、意思疎通もでき最後まで照子ママらしかった。

28日、ワンちゃんとボランティアがフロアに来て、母も嬉しそうに撫でて、部屋に戻り、昔の日本舞踊の写真を見せると じっと見て『これはだいじな写真だから とっておいてね』と。

29日、体調が悪く、リビングには一回だけ出て、ベッドを起こしてとろみのついたポカリを13匙、アイスクリームを3匙口にした。

30日の朝10時少し前に着くと 昏睡状態に入っていた。

9時くらいまではスタッフと話して『ありがとう』・・・・・これが最後の言葉だった。

BINちゃんとたかが夜10時くらいに着た。私は母に付き添い 二人は帰宅させた。

夜勤の浜ちゃんが何回も母の様子を見に来る。ウトウトしたとき『小島さん、小島さん』浜ちゃんの声で 母を見ると呼吸が止まっていた。

31日・午前3時少し前だった。とうとうお別れになってしまったけど 今は悔いはなく手厚い介護&看護のおかげで、私も笑顔で照子さんと接する事が出来、しっかりと見送りができて幸せだったと思う。

色々な手続きで忙しかった1月。今日は月命日だ。

83歳をシッカリ生き、2011年最後の日に旅立った照子ママ、あっぱれでした。

私はジュンとの約束で75歳までこちらで生きます。

照子ママ、覚えているでしょう・・・・・虹の橋で会いましょうね。 

残してくれた着物今年から着ますよ。

今ごろ、久太君と一緒だね。腹水もたまり、苦しかったと思うけれど本当に照子ママは頑張りました。お疲れ様でした・・・・・寂しい!もう一人ぼっちだもん。

白鳥ホームへ、小さいボランティア(お手伝い)金曜日の13時から16時まで行くことにした。もうお部屋には・・・いないんだよね。悲しくて寂しいけれど4年2ヶ月お世話になったホームに行くと 照子ママを感じるような気がする。明々後日が楽しみだ。

28日ワンちゃんが来た日、穏やかで嬉しそうだった。

Conv0053 Conv0011 Conv0013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »