« 2011年って! | トップページ | 仙台っ子・ふくちゃんその後 »

2011年9月 2日 (金)

仙台からやってきた 新しい家族!

ホームズが旅立ち、ジャルは押入れの中に篭り、グレースはカウンターでふて寝。

家の中は、まるでお通夜みたいな毎日だった。柴内先生にホームズのお礼のため、電話をして寂しい状況を話すと、『新しい家族を迎えませんか』と。

私は迷わず『はい』と言ってしまった。希望などはなく選ぶのは嫌だったので、院長にお任せしたが 男の子でホームズみたいなキジトラさんとお願いした。

院長は海外出張で、28日に晶子副院長、ちよだニャンとなる会の香取さん、ホームスティ・ボランティアの関口さんと赤坂の病院で会うことになる。

私は大人の猫と思っていたので、『2ヶ月の男の子』と、聞いた時・・・・・・・えっ2ヶ月ですかと。coldsweats01

仙台管理センターで保護された子猫15頭がちよだニャンとなる会へ、赤坂の病院で健康診断後に各ボランティアさんの家で里親が決まるまでということだった。

今まで 我が家のニャンコ達は捨てられていたり、置き去りではあったが、こういう団体などからと言う事は 初めてでかなり緊張した。

赤坂のクライアントということで 簡単な書類だけで済んだ。

とにかく小さな命を預かる事になった。名前は 『ふく』もちろん福の意味もあるが、どんな事もふーっと吹き飛ばしてしまう子になってほしいとの願いもこめて ふくちゃん!

28日の夜に一緒に帰宅し、タカの部屋にゲージを置いてしばらくは ここにいてもらう。お腹の虫、ワクチン接種が終わるまでは シニアの所には連れて行けないから。別宅で。

29日の朝は 私の不安を察したかふくちゃんは、じっと私を見る『大丈夫?』・・・・・・・

私『大丈夫!』   ふくちゃん『本当に 大丈夫』と アイコンタクトを送ってくる。

私は しっかりとふくちゃんに言った。『本当に、ほんとうに だ・い・じ・ようぶよ。』

ふくちゃんは安心したように 私の膝にのってきた。60歳で再子育てだ!ホームズがポンと背中を押したのかしら。cat

Conv0028 Conv0067

|

« 2011年って! | トップページ | 仙台っ子・ふくちゃんその後 »

コメント

新しい家族は「ふくちゃん」ですか。
私と同じ名前で、忘れられなくなりそうです。かわいい!

投稿: お気楽 | 2011年9月 2日 (金) 20時57分

お気楽さん、コメントありがとう!
ほっとのふくちゃんも 絶対に忘れられない素敵なレディーですよ。cat
あっ、もう一人のふくちゃんも デース!scissors

投稿: 4nekomama | 2011年9月 2日 (金) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110378/52629571

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台からやってきた 新しい家族!:

« 2011年って! | トップページ | 仙台っ子・ふくちゃんその後 »