« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月13日 (水)

See you next spring !

MaryAnnとは 来年の春に会いましょうと約束したよ。Edwardは79歳、MaryAnnも75歳を過ぎたと思うよ。お互いに元気でいて 再会しましょうね。

5泊7日の旅行もあっという間に終った。ボストンを発つ朝は雨がひどかった。全ての荷物を預けたので手には軽い人形だけで楽だった。ボストン~ワシントンまではビジネス客が多かった。機内でチケットを見ると席があれ、あれっ違うよ。私は通路側なのになんで16Aよ・・・・・ワシントンに着いたら言わなくちゃ!

ANAのカウンターに並ぶと前に日本人の女性が・・・・『アップグレードですよ』フムフム・・私の頭の中は 『通路側の席』しかなかったのだ。私達の番が来て『今日はエコノミーが混んでいますから アップグレードされました』・・・・・・・えっ何、なに ヒャーッビジネス・クラスだあ(^。^) 嬉しいなあ!あーっ席が大きい、広い!最高のプレゼントだった。BINちゃんも美味しい食事の後は身体をフラットにして Zzzzzzzzzzzz

生まれて初めてのビジネスクラス。BINちゃんは何回か韓国からビジネスにオーバーブッキングで乗ったみたいだけど。

マイルをためて又乗りたいなあ!

Conv0048_2 Conv0003_5 Conv0004_6 Conv0007_12 Conv0022_5 Conv0026_4 Conv0051_3 Conv0052_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOSTON Part4

6月3日私達のボストン・Last  dayだ。朝、9時45分にMary Ann & Edwardが迎えに来てくれて Hyatt のブランチに出かけた。

シュルティ、ヘニング、ご両親、親戚達で賑わっていた。結婚式ではたくさんお話ができなかったので ブランチでということらしい。テーブルではShruthi,Todd,Laurie,Tylerが卒業した Varmont Middlebery  colledge の教授達と一緒になった。経済、科学など色々なProffeser達で 教授の一人は私の大好きな女優・Woopieにそっくりでエレガントな女性だった。自分の教え子達を愛してくれて とても嬉しいと話してくれた。(私達も素敵な出会いに感謝している。)

シュルティの手はヘナ(染料)で7時間以上かけて描いてもらったとか。綺麗なので写真に撮る。

前夜のパーティ~結婚式&披露宴~ブランチまでたいへんだなあ!この後もママのテジャは親戚をNYに案内してお買い物などと接待が続くようだから。(^_-)

シュルティ達は今頃は新婚旅行中だと思うけど またHPで報告があるでしょうから。(楽しみだ)

TODDは12年前よりも少年っぽくなって (^。^)10月に二人目が生まれ2児の父なんて とても見えないわ。彼はCAのアロマスでオーガニック・ファームの会社経営をしていてベジタリアンになったみたい。今度はCAにも行ってみたいなあ(Someday) Toddはたかくんと同じくらいラブリーボーイで大好き!

12時過ぎにブランチを終えて いよいよ皆と『Good  bye』を言う時間に。この時が中々つらいのです(毎回ね)

Mary Ann & EdwardもWest portに車で帰るから 下まで見送る。彼女も これが寂しいわねと何回も言っていた。次回はNYからCT.LimoでNorwalk Bus STまで直行よ。(^。^)また大好きな Irongate Hillに行かなくちゃ。

Conv0038_6 Conv0039_3 Conv0040_3

Conv0047_5 Conv0050_2 Conv0042_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

BOSTON Part3

Shruthi &Henningのお式はヒンズー式でホテルの庭に大きな真っ白いテントを設営してその中に神殿のようなのが設えられて 女性のヒンズー教の進行役がサンスクリット語&英語で説明・・・・・私達も唱和したり また別の女性がお経のような歌のようなのを時々歌っていた。

花嫁の両親が正面の椅子に座っていたが 式が進行して行き最後には その椅子にShruthi&Henningが座る。出席者(私達も)初めてのヒンズー教の結婚式に感動した。

披露宴(レセプション)はアメリカンスタイルで バンドも入り皆で楽しんだ。

Shruthiとパパのダンスのときは見ていて 胸がジーンとなってしまった。花嫁の父の気持ちは複雑なのだろうなあ!

でも二人ともに素晴らしい笑顔だったよ。(^。^)

Shruthiの白いドレスは とってもステキで Shruthiが綺麗でまぶしかった。

ウエディングケーキは甘いアメリカンケーキで美味しかった。

着物を着ていたので初対面の人からたくさん話しかけられたよ。自己流だけど着物が着れて良かった。これからはちょこちょこ着物を着ようと思った。インドのサリーってどうやって着るのかしら・・・・今度訊いて見よう。

Conv0001_5 Conv0012_10 Conv0019_9

Conv0020_3 Conv0021_6

Conv0027_4 Conv0032_3 Conv0037_3 Conv0035_8 Conv0036_4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

BOSTON Part 2

Conv0025_8 今日から6月だ!JUNEも18歳(88歳)に突入だ。おめでとうJUNEちゃん 帰ったらお祝いしなくては。(^。^)まだまだ一緒だよね。

今日はBINちゃんが楽しみにしていた BOSTON  MUSEUMだ。私はコプリーで地下鉄を降りてショッピング。プルデンシャルセンターの中は人も多くなくてゆっくりと歩けていいなあ!途中で円をドルに少し両替してもらった。1時くらいにBINちゃんの携帯に電話入れて私もBOSTON MUSEUMに行く。ここは一日いてもいいくらいだ。日本からのグループツアーもたくさん来ていたけど 忙しそうだった。

日本の宝もどっさり・・・・・戦争に負けたから色々な物がアメリカに来ちゃったのね・・・・・残念!

夜、バックミンスターホテルに電話すると 懐かしいToddの声だ!約12年ぶりに会える・・・ウエストポートではメーリーアンとエドワードだけで いつもToddとは電話でちょこっと話すだけで本当にほんとうに会いたかったから 明日の再会が嬉しいなあ!

明日の彼は午前中~午後とダブルヘッダー(パーティー)で大忙しだ。私達はメリーアン&エドワードとランチをすることになった。明日の11時にホテルまで迎えに来てくれる。私は2001年の6月以来だし BINちゃんは初めてだ。(^。^)ワクワク。

S.Paulを走っている電車は????地下鉄だった。路面電車が途中から地下に入るのだ。

Conv0006_1 Conv0014_5 Conv0015_4 Conv0007_11 Conv0023_6 Conv0018_5 Conv0022_4 Conv0017_4

Conv0026_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

BOSTON Part 1

29日の夜8時過ぎに成田に向かう。30日の11時10分出発なので成田東急エクセルに前泊することにした。スイスイと混雑無しで ホテル到着10時前。大きなお風呂に2回入り、朝食付き、駐車場無料(2週間)で14,800円という良心的な価格で大満足。

30日はホテルのシャトルバス・9時に乗る。ラクチン、ラクチン!BINちゃんが予約してあったアメリカ使用の携帯電話借りる・・・・・・チェックイン。お互いに通路側の席だ。私の所は3席の通路側で窓際にはアメリカに戻る赤ちゃん連れの日本人ママ。真ん中がこなかったのでもうすぐ2歳になるAmiちゃんが座れた。とても可愛い女の子(^。^)ママも助かったと喜んでいた。BINちゃんはワシントン到着まで3本の映画を見たようだ。

私はリバーシゲームなどしていた。この便は日本に里帰りして戻る日本人のママ&小さい子供が何組かいた。あとはボストンにいる孫の卒業式に出席するというマダム(センスの良い女性だった)

ワシントンからボストンまではあっという間で 空港から BrooklineのSamuel まではタクシーで20分くらいだった。フェンウエイパーク球場のそばも通った。私は6年ぶりのボストン、BINちゃんは38年ぶりのアメリカだ。

Samuel Innはビクトリアンスタイルの アンティークな建物でお部屋も趣がある。荷物を解いてからビーコンヒルまで歩いて おしゃれなベトナム料理のレストランで夕食をとった。

たくさんのアメリカ人客で賑わっていた。清潔感あふれておしゃれなレストラン、お料理も美味しかった。ブラブラしながら戻る。私は眠れるように内科で眠剤を貰ったので就寝前に飲んだ。おかげで6時くらいまで シッカリ眠れた。6年前は1時間おきに目が覚めてしまいたいへんだったよ。

31日はケープコッドからとしこさんとのりこさんがホテルまで迎えに来てくれた。お昼まで時間があるので近くのホリデイインの中でお茶を飲む。BINちゃんリクエストのロブスターを食べに リーガル・シーフードにランチを食べに行った。大きなロブスターにBINちゃんは大感激!私はエビの入ったパスタ・・・・・・(油っこいなあ!)もちろん 量はアメリカなので多すぎだ。 残す・・・・・・二人でも充分な量だ。としこさんは食後のデザートにアイスクリームを注文・・・・・これまた 丸いのが3個もあった(フーッ)これじゃ ダイエットしても中々難しいだろうなあ  減量は。

食後はとしこさんが まだ足の具合が良くないので早々にSouth STで別れる。午後はチャイナタウンからタクシーでケンブリッジまで行く。モールでグリーティングカードを買う。その後は道を迷いながら North STから ビーコンヒルと2時間くらい歩いたよ。立ち止まってあっちかな、こっちかなと話していると 何人かの人が助けてくれた。私も外国人が迷っていたら こうやって親切にしてあげなくてはと思った。

Conv0011_4 Conv0013_7 Conv0015_3 Conv0016_5 Conv0014_4 Conv0022_3 Conv0017_3 Conv0023_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »